読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台北に行ってきました(その1)出発まで

これまで口ぐせのように「どこかへ旅したい」とつぶやいてはいたけれど、実際に行動に移すことは稀で、(嵐コン遠征とRGバスツアーを除けば)旅行らしい旅行は3年に一度くらいのものでした。それが先月、仕事をしながらふと「どこかへ旅したい」と思ったことがあって、いつもならそこで終わりなところを、なぜかその日はいつもと違ってすぐに日程やらいろいろ決めて、夜には3週間後の台北行きの航空券とホテルをポチっていました。

続きを読む

小さいポーチを買った

f:id:bundokiaruaru:20160417235404j:plain

rooms SHOPで小さいポーチを買いました。中綿入りで、ふわふわした感触はまるでお布団です。

小さい鞄を持つに向けてポーチの中身もかなり断捨離した結果、今使ってるポーチだと容量がだいぶ余ってしまっていたので、これぐらいがギリギリの容量だろうという大きさのポーチを買いました。家に帰って詰め替えた結果ぴったりだったのでかなり満足です!

小さい鞄と小さい財布が欲しい

f:id:bundokiaruaru:20160412221511j:plain

できるだけ荷物を少なくして、小さい鞄で外に出かけたいという欲求が近頃ある。具体的に言うと、このアニヤ・ハインドマーチの鞄を斜め掛けして外を歩きたい。大きさはだいたい連ドラのDVD-BOXぐらい。小さい。そしてシルバー。

もともと私はものすごく荷物が多い方なんだけど、そう思い始めてから、少しずつ鞄の中の荷物を減らす努力をしてきた。昔に比べれば最近はかなり荷物が少なくなった方だと思う。財布と化粧ポーチと定期入れとiPhoneとあと細々したもの(イヤホン、鍵、S字フック、ハンカチ、ティッシュ、スーザンベル)の中で一番大きいのが財布で、一度アニヤの店頭でその鞄に入るか試してみたんだけど、入らなかった。

f:id:bundokiaruaru:20160412213544j:plain

一昨年ハワイに行った時に買ったケイトスペードの薔薇柄の財布でめちゃくちゃ気に入ってるんだけど、小さい鞄を持つためには長財布じゃなくて折りたたみの財布が欲しいなあと思っていて、それでここ1ヶ月ぐらいずーっと財布を探す旅に出ていた。それが今日やっと、これかな?という財布に巡り会えまして。でも2色のうちどちらにするかで迷ってしまい即決はできなかったので、在庫の数だけ聞いて(まだどちらも余裕はありそうだった)少し考えることに。

考えている間、これまで候補には上がったけど買うには至らなかった、私の上を通り過ぎていった財布たちの話でも、聞いていただけますか?

続きを読む

布団乾燥機がくれた幸せ

昨年末、布団乾燥機を買った。
布団乾燥機って、布団を乾燥させるためのものだとずっと思っていたけれど、実際に使ってみて布団乾燥機感がガラっと変わった。あれは布団を乾燥させるためのものではない、布団を暖めるためのものだ。
夜の11時45分、そろそろ寝る時間。布団を敷く。敷布団と毛布の間に布団乾燥機をセットし、暖め15分コースで電源を入れる。部屋の暖房を切り、寝間着の上に羽織っていたダウンを脱ぐ。少し寒いが、これも15分後に布団乾燥機がもたらしてくれる幸せを最大限にするための重要な前準備。
布団の横にある座椅子に座ってiPhoneでゲーム(LINEのポコポコ)をする。あまりにも寒いときは、足だけ布団の中に入れたりもするけど、布団乾燥機から吹き出される温風が熱すぎて長くは入れられない。
15分後、ゴーッ!と大きな音を立てていたのが、コーッとほんの少し小さい音に変わったのが分かる。布団乾燥機が温風を吹き出すのをやめて、機械内部を冷やすために冷風に変わった合図。そこから30秒経ってようやく電源が切れるのだけど、もう寒さに待ちきれない私は布団乾燥機の収納を早々に始め、電源を切り、布団にすべりこむ。


 最 高 


15分コースだと、足元まではそんなに暖まっておらず、胴体あたりの布団だけが暖かいんだけど、それもまたちょうどいい。足ひんやり胴体ぬくぬく。特に背中に接する敷布団が暖かいという感覚がもう最高。人間に生まれて良かったなと心底思う。「美味しいおやつにホカホカごはん/あったかい布団で眠るんだろな」のあったかい布団とは布団乾燥機で暖まった布団のことを指すに違いない。
昨日はコートいらずの暖かい夜だったので、もう使わなくてもいいかなと思って布団乾燥機なしで布団に入ったんだけど、布団が冷たくて悲しかった。今日はどうしようか、まだ迷っている。

 

日立 【マット不要】 ふとん乾燥機 HFK-V300-P フローラルピンク
 

 

水曜日

案の定、作ったはいいがほったらかしになってしまっているこのブログ。「140字じゃ足りない」というときはあまりなかった。足りなければ連投すればいいじゃない。

今日テレビで、赤崎水曜日郵便局のことを知った。自分が過ごした水曜日のことを手紙に書いてこの郵便局に送ると、知らない誰かの水曜日の手紙が送られてくるという。面白そう、やってみたい、と思った。でも放置を得意技とする私は「やってみたい」で終わりそうな気がしたので、とりあえず手始めに、ネットの海に私の水曜日の日記を放流してみることにする。

続きを読む

ブログはじめました

買い物のこと、マイルのこと、ジャニーズのこと、その他いろいろ、140字じゃ足りないというときのためのブログを作りました。久しぶりにはてなに帰ってきたぞ!(76字)